お口の病気は全身の病気の第一歩

6月のゆとりショップイベントは、

歯正会・タムラ歯科の田村先生にお越しいただき

歯医者さんの視点からの「予防歯科」についてお話いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

”むし歯”は酸で歯が溶ける病気

”歯周病”は歯を支える歯茎が溶ける病気

どちらも細菌が原因で歯が無くなってしまう病気です。

 

”むし歯”の原因菌が体内に入ることで、

脳出血や潰瘍性大腸炎の発症リスクを高める可能性があると言われているそうです。

”歯周病”の原因菌は血管内に入ることで、

循環器系疾患(動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞など)の感染源になったり、

糖尿病などに影響を及ぼす可能性があるそうです。

また、歯を喪失することで口腔機能(物を飲み込む働き)が低下し、

誤嚥性肺炎(細菌が気管に入る)を発症することもあるそうです。

 

口腔内の菌を減らすにはどのようにしたらよいか?

歯みがきやフッ素の塗布など口腔ケアの仕方を教えていただきましたよ 🙂 

最後は先生を囲んで質問タイムに。

普段はなかなか聞けないこともたくさんの質問に答えてくださいました!

田村先生 ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

次回のイベントはこちらから↓

7月のゆとりショップイベント

関連記事

Yahooショップ オープンしました